マシンパワーの活用

人力とマシンパワーの併用について

中小の事業を新規で立ち上げる際には、人の手による作業を中心に作業システムを構築することで、初期費用を節約することができます。しかし、定常的に事業を推進するためには、作業の効率化が必要であり、人手だけではなく、自動制御などのマシンパワーを活用することが重要になります。 既存の事業でも、収益率が根本的に低迷しているような場合には、自動制御の可能性を模索することが合理的です。 マシンパワーの導入については、あらかじめパッケージングされたシステムもありますが、既存事業の見直しのように、自動化への移行の可能性と効率性を評価することも重要になります。そのためには、導入以前に、自動化を想定したシミュレーションを行うことが大切です。

適切な自動化と保守管理について

自動制御などの導入により、作業システム自体の合理化は図れますが、保守管理については、別途考慮することが必要です。自動化は一度設定すると、そのラインで進行させることができますが、システム自体は価値観を持たないので、適切な保守管理が期待できないこともあります。問題が生じても、そのまま作業を進めてしまう可能性があるのです。 そこで、自動制御と並行して、人の手による作業の遂行と点検が必要になるのです。出来ることはすべて自動化するのではなく、作業システム全体として、適切な事業推進を実現できるように、自動化と人力を、バランスをとりながら配置することが必要なのです。その際には、人と機械の役割と、適切に設定することが重要なのです。